平成27年度 白浜はまゆう病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 12 - 14 39 88 192 333 437 196
2015年4月1日から2016年3月31日の退院患者様の人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
80歳以上の高齢者の割合が高く、全体の約50%を占めています。
地域の高齢化の進展に伴い、当院では療養病棟や回復期リハビリテーション病棟も整備しており、高齢者へのより充実した医療の提供を行っています。
患者数が10人未満の項目については[-]で表示しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 68 26.76 14.34 2.94 79.87
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 35.19 18.30 2.70 88.59
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 34.94 21.69 6.45 84.90
内科では肺炎の入院患者様が68人と最も多い疾患となります。次いで心不全、3番目に多いのが誤嚥性肺炎となります。
全体的に入院期間が全国平均より長い傾向となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし - - 6.72 - -
060020xx97x0xx 胃の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 17.04 - -
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2なし - - 9.31 - -
患者数が10人未満の項目については[-]で表示しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 41 38.88 27.21 0.00 75.76
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 34 60.15 28.70 0.00 86.32
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 副傷病なし 12 33.50 24.95 0.00 72.08
整形外科で入院が最も多いのは膝関節症、次いで股関節の骨折、3番目に多いのが股関節症となっております。どれも手術を必要とする疾患であり、術後に在宅復帰を目指してリハビリテーションを行っています。
リハビテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 81.67 15.80 6.25 73.48
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 101.67 19.32 11.11 70.11
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2なし 12 78.50 25.66 0.00 72.92
脳梗塞などの脳血管疾患の患者様が多く、一般病棟に入院された後、回復期リハビリテーション病棟にて積極的にリハビリを行っています。
このため、在院日数が全国平均と比較して長くなっております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 37.95 21.69 5.26 83.42
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 59.33 19.00 0.00 77.00
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2なし - - 25.66 - -
患者数が10人未満の項目については[-]で表示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし - - 12.36 - -
11013xxx020xxx 下部尿路疾患 尿道狭窄内視鏡手術等 手術・処置等1なし - - 7.24 - -
110080xx99001x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - - 13.04 - -
患者数が10人未満の項目については[-]で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 2 7
乳癌 - - - - - - 1
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数が10人未満の項目については[-]で表示しています。
2015年4月1日から2016年3月31日に退院された患者さんで5大癌(胃・大腸・乳・肺・肝)を初発のUICC病期(ステージ)分類による患者数、再発の患者数となっています。
当院の5大癌の各々の患者数は、全て10人以下となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 17 25.65 79.76
重症度 2 18 25.33 83.39
重症度 3 17 41.06 84.94
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
成人の市中肺炎(病院外で日常生活を送っている中で罹患した肺炎のこと)の患者さんを、日本呼吸学会の市中肺炎ガイドラインによるA-DROP(重症度分類)システムを用いて集計いたしました。
中等症~重症の患者数が最も多く、重傷度が上がるほど平均年齢が高くなる傾向があります。
肺炎は当院で入院が最も多い疾患となっています。
患者数が10人未満の項目については[-]で表示しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 12 89.92 81.17 0
その他 73 86.55 76.15 8.24
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院は回復期リハビリテーション病棟があります。
他医療機関で急性期治療をされた後の回復期治療の継続を目的に転院されて来られる患者さんを多く受け入れています。平均在日数が長く、長期にかけて廃用予防や日常生活の自立を目指してリハビリテーションを行っています。
また、発症から3日以内の患者さんも15%と急性期脳梗塞に対しても対応しています。
患者数が10人未満の項目については[-]で表示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 34 1.12 1.71 0 65.56
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
内科では内視鏡下で行うポリープ切除を目的とした短期入院の患者様が多くなっています。
患者数が10人未満の項目については[-]で表示しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) - - - - -
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切除術) - - - - -
K6572 胃全摘術(悪性腫瘍手術) - - - - -
患者数が10人未満の項目については[-]で表示しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 65 5.00 35.17 1.54 73.68
K0461 骨折観血的手術(上腕) 42 4.24 62.38 0 84.55
K0811 人工骨頭挿入術(股) 10 9.00 49.50 0 85.50
当院整形外科では人工関節をはじめ骨折に対する手術などを積極的に行っております。
整形外科の手術件数は全件で191件あります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K821 尿道狭窄内視鏡手術 - - - - -
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) - - - - -
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) - - - - -
患者数が10人未満の項目については[-]で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い実施しております。
また、起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
患者数が10人未満の項目については[-]で表示しています。
更新履歴
2016/09/30
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。