乳腺外科のページへようこそ
 

現在表示しているページ
ホーム > 受診のご案内 > 診療科紹介 > 乳腺外科 > 乳腺外科のページへようこそ
ここから本文です

ご挨拶

2020年10月より白浜はまゆう病院副院長を拝命いたしました粉川 庸三(こかわ ようぞう)です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年4月に当院に乳腺外科を開設して3年が経過しました。
徐々に周囲に認知され、手術件数も増加し、学術も充実したことによって2020年1月には日本乳癌学会認定施設に認定されました。

乳がん診療は多くのスタッフの協力が必要です。

乳がんの画像診断にはマンモグラフィ、エコーに加えて、必要に応じて造影MRIやCT検査などを行います。当院では放射線科の機動性も高く、これら画像診断も速やかに行えます。

手術ではセンチネルリンパ節生検をはじめ標準治療とされる術式だけでなく、広背筋を用いた一期的再建も行っています。手術前後には少しでも不安を取り除けるように麻酔科医や手術室の看護師が訪室します。

化学療法は日々の生活を維持して頂くように外来治療を基本としています。外来化学療法室からは白良浜も望め、快適な部屋で安全に行えるように副作用対策などの知識を有した看護師や薬剤師がいます。化学療法の副作用や乳がんの進行によって食欲低下で入院された患者さんには、なんとかお口に合うような食事を提供できるように食養科が病室に伺います。
また経済的な負担の対策として、事務では高額療養費制度などの説明やお預かりした生命保険診断書を速やかに作成しています。

当院はこのように多くのスタッフが協力することによって安全に快適に、診断から緩和ケアまで乳がん診療が完遂できる施設です。乳がん診療だけでなく、乳房にお悩みのある方が気軽に受診できるような施設になればと思っております。

これからもよろしくお願い致します。

 

医師紹介

粉川 庸三(こかわ ようぞう)kokawadr.jpg

資格
 日本外科学会外科専門医,指導医
 日本乳癌学会乳腺専門医,日本乳癌学会乳腺指導医
 日本がん治療医認定医機構 がん治療認定医
 検診マンモグラフィ読影認定医師

 

プロフィール
 1994年03月 和歌山県立医科大学卒業
 1996年04月 紀北分院外科臨床研究医
 2000年01月 和歌山県立医科大学第1外科臨床研究医
 2001年04月 和歌山県立医科大学第1外科助手
 2005年04月 南和歌山医療センター 胸部・心臓血管外科医師
 2012年04月 和歌山県立医科大学第1外科講師
 2017年04月 白浜はまゆう病院乳腺外科部長
 2020年10月 白浜はまゆう病院副院長

主な手術件数

 年度201720182019
乳腺悪性腫瘍手術 35 40 51
内訳 単純乳房切除術(乳腺全摘術)   1  
乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない) 14 12 14
乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない) 13 19 32
乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う) 2 1  
乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの) 6 7 5

クリニカルパス

白浜はまゆう病院乳腺外科では、診療の効率化を図り、医療水準の向上及び診療内容の充実並び患者様の権利を尊重し、患者様の満足する医療の提供を計ること等を目的としたクリニカルパスを策定しています。

治療の一例として下記に乳がん根治術の入院治療計画をまとめた患者様用クリニカル・パスを掲載します。
(あくまで平均的な術後経過で個々人によって入院経過は変わります)

※乳がん根治術

 

このページのトップに戻る