医師・医療スタッフ募集
現在表示しているページ
ホーム > 医療関係者の方へ > 採用情報 > 薬剤師募集 > 薬剤師インタビュー
ここから本文です

薬剤師インタビュー

勤務内容について教えてください

調剤(内服薬、外用薬)と、病棟での服薬指導および注射薬監査業務に大きく分かれます。ローテーションが組まれていますので、週替わりで調剤・監査と病棟服薬指導を行います。入職(特に新卒)一年目は調剤業務に重きを置くという病院が多いようですが、本院は先輩方の指導の下、病棟での服薬指導も早期から担当させて頂いています。

勤務時間は8:30~17:30、ただし、病棟担当の週は入院患者様の薬歴や服薬状況の確認、指導記録の入力など、まだまだ慣れない事が多く、残業になることもあります。

また外来化学療法の曜日は、点滴調剤や患者様のバイタルチェックをさせて頂く機会もありますし、2012年10月(入職半年目)からは、緩和ケアサポートチームの業務にも参加させて頂いています。幅広い経験を一年目から出来る環境です。

「新人は〇〇をするものだ」という縛りはありません。その分、「これでいいのだろうか」と不安になることも多いですが、分からないことや解決方法が見つからない時はその都度、先輩方に相談するようにしています。
驚くのは、私が立ち止まっている点をズバリ指摘して下さることです(笑)。

勤務先を白浜はまゆう病院に決めた理由を教えてください

私は6年制薬学部一期生です。
病院と薬局で長期実務実習をする中で、薬剤師という職能を生かせるのは現時点では病院なのではないか、と考えるようになりました。また、自分の性格上、急性期病院よりケアミックス型の病院の方が向いているように感じていたので、病院見学もその条件に合ったところを中心に行いました。本院を訪問した際、薬局長が私の経歴(社会人出身)にどの病院の薬剤部トップよりも理解を示して下さったこと、そして、療養病棟を見学させて頂いた時にデイルームから見えた、青い海と白い浜辺に心を鷲掴みにされたのが決め手になりました。

やりがいについてお聞かせください

患者様の体調が良くなったのを目の当たりにした時は勿論ですが、逆に、心配なことや悩みを話して下さった時も、スタッフとして認めて頂いているんだ、という実感があります。

大変なことなどあればお聞かせください

どんな仕事をしても、責任が伴い大変なことはたくさんあります。ただ、医療の仕事は人の命に直接関わります。
生と死が隣り合う現場では、ともすれば一般の方よりも命に対して鈍感になるのでは、と思うことがあります。
自分の気の緩みが患者様の生命に関わることになりかねないと恐ろしくなることも。他の業種よりも緊張感が必要とされますので、心身共にタフでないといけないな、と実感しています。

今後の目標をお聞かせください

今は自分の目の前のことでいっぱいで「木を見て森を見ず」状態です。不器用なので歩みは遅いと実感していますが、一日一日少しずつでも進歩できるように勉強していきたいです。

勤務をお考えの方へメッセージをお願いします

外から見ていたのではわかりません。私はいろいろな病院に見学に行ってみて、イメージや周囲の口コミが覆されることが多々ありました。
まずは自分の目で確かめに来てください。当院のスタッフの方々の雰囲気に触れてみて下さい。
ここだけの話ですが・・・病院によってはお休みを取りにくい雰囲気のところがあるようですが、当薬局は理解があるので、ありがたいですよ。

このページのトップに戻る