外科のページへようこそ
 

現在表示しているページ
ホーム > 受診のご案内 > 診療科紹介 > 外科 > 外科のページへようこそ
ここから本文です

ご挨拶

当科では胃がんや大腸がんといった腹部のがん手術・抗がん剤治療や緩和治療、胆のう炎・虫垂炎・腸閉塞・そけいヘルニアなどの手術、大腸憩室炎・虚血性腸炎・その他急性腹症などの腹部救急疾患の保存的治療、さらに切り傷・陥入爪(巻き爪)・褥瘡(床ずれ)などの創傷処置にいたるまで多岐にわたって対応させて頂いております。

日本外科学会、日本消化器外科学会の指導医・専門医を擁し、日本外科学会の認定修練施設にも選ばれております。また手術は腹腔(ふくくう)鏡下手術が過半数を占めており身体にかかる負担を軽減できる治療を心がけています。

また、腹腔鏡下手術の適応についてはその特性・安全性を考慮し、開腹手術の方が安全性・根治性が高いと判断した場合は決して腹腔鏡にこだわることなく、患者様に最も利益があると考えられる治療法を選択しています。

 

白浜はまゆう病院 外科の特色

白浜はまゆう病院外科では、”患者様に寄り添う外科”を目指して日々の診療を行っています。同じ疾患にかかられた方でも、患者様のご年齢や体力、病状はそれぞれ異なっており、最適な治療法もそれに応じて決定していかなくてはなりません。患者様ひとりひとりのお気持ちやご希望もしっかり受け止め、納得のできる治療法を提案できるよう努力しています。

 また、上記のことを実現できるよう、ご病気の現状を可能な限り正確にお伝えし、患者様やご家族が主体となって治療方針を選択し意思決定していけるように、分かりやすい病状説明をおこないたいと考えています。

 さらに、患者様が幅広い治療の選択肢の中から最適な治療方針を決定できるように、専門度の高い手術である場合には関連施設である京都府立医科大学附属病院から各臓器のエキスパートを招聘(しょうへい)し、安全性・根治性を担保できる手術を行える体制、また当科では対応困難である併存症をお持ちの方や当科ではおこなっていない放射線治療などを複合した治療法が望ましい場合は速やかに専門施設への紹介をできる体制を整えております。

 

身体に負担の少ない手術

白浜はまゆう病院では、少しでも患者様の身体的な負担が少なく合併症の少ない治療をおこなうことができるように、積極的に腹腔鏡下手術を導入して治療をおこなっています。

fukukuukyou.png腹腔鏡下手術はおなかを大きくあける従来の方法に比べ、傷が小さく痛みが少ない、術後早期からリハビリをおこなうことで術後の体力低下を最小限に抑えることができる、傷が小さいため傷が膿むことが少なく、おなかのなかの癒着(くっつくこと)による腸閉塞が少ないといったメリットがあり、患者さんに優しい治療法と考えられています。

年度201320142015201620172018
腹腔鏡手術割合 54.3% 40.0% 31.6% 65.3% 72.4% 71.0%
腹腔鏡手術件数 25 20 12 66 63 66
全麻手術件数 46 50 38 101 87 93

  

主な手術件数

年度201320142015201620172018
総手術件数           120
全身麻酔手術件数           93
 胃全摘術・幽門側胃切除術 9 11 5 14 7 9
 結腸・直腸悪性腫瘍手術 11 7 7 21 18 16
 肝切除術・膵切除術 0 0 0 3 3 3
 腹膜炎手術 2 3 4 6 3 2
 胆石・総胆管結石手術 9 9 6 20 16 15
 腸閉塞手術 3 5 3 5 11 6
 鼠径ヘルニア手術 10 12 11 14 6 30
 虫垂切除術           10
 その他           29

 

クリニカルパス

白浜はまゆう病院外科では、診療の効率化を図り、医療水準の向上及び診療内容の充実並び患者様の権利を尊重し、患者様の満足する医療の提供を計ること等を目的としたクリニカルパスを策定しています。

治療の一例として下記に腹腔鏡下ヘルニア修復術・腹腔鏡下胆嚢摘出術・腹腔鏡下結腸悪性腫瘍手術の入院治療計画をまとめた患者様用クリニカル・パスを掲載します。
(あくまで平均的な術後経過で個々人によって入院経過は変わります)

※腹腔鏡下ヘルニア修復術

※腹腔鏡下胆嚢摘出術

 

ラジオ出演

地域のコミュニティーFM放送局 ビーチステーション白浜で毎月第2水曜日、8時35分から“はまゆう健康ナビ”に出演させていただいています。

その時々の外科に関する話題を10分程度お話しさせていただいております。

 詳細はこちら!

このページのトップに戻る