公益財団法人白浜医療福祉財団のご案内
現在表示しているページ
ホーム > 公益財団法人白浜医療福祉財団 > 白浜医療情報ネットワークシステム
ここから本文です

白浜医療情報ネットワークシステム

概要

白浜はまゆう病院では、2005年9月より医療情報システムを利用した診療を行なっております。
医療情報システムには、医師が記録する診療記録や、看護記録、リハビリ記録、画像写真(レントゲン写真・CT・MRI・内視鏡等)、検査結果など診療に関わる様々な情報が電子媒体に保存されています。

この医療情報システムは2008年8月1日をもって、財団内のすべての施設がネットワーク化されました。
財団が運営する白浜はまゆう病院、西富田クリニック、鮎川診療所、白浜町国民健康保険直営日置診療所、三舞診療所、川添診療所が電子カルテやグループウェアなどを利用して、診療情報や財団運営上の情報を共有あるいはお互いに発信できるようになりました。
このネットワークは、医療機関が少ない白浜町において病院と過疎地を含むいくつもの診療所を結ぶことにより受診者(住民)に利便性と安全性を提供すると同時に、医療の提供側である財団にとっては、より効率的な医療サービスの提供を行うために構築されました。

医療情報ネットワークの構成

白浜医療情報ネットワークは、白浜町が整備した町内全域を結ぶ光ファイバー網を利用して構築されています。この回線は白浜医療福祉財団の専用回線であり、白浜町が利用している回線ともまったく交わっていません。また、白浜町外である鮎川診療所とは、民間による専用回線により結ばれておりやはりセキュリティーの問題や接続速度はクリアしています。
現在このネットワークで稼動しているものは、白浜はまゆう病院で日常的に利用しているシステムのほぼすべてです。具体的には、各診療所での診療記録や画像情報、検査結果などはすべて病院にあるサーバーに入りますので財団施設のどこにいても患者様の最新の状態を把握することができ、同時に複数のスタッフが一つのカルテにアクセスすることもできますので、各施設間の情報共有ができ、より有効な治療を行うことができます。

プライバシー保護とセキュリティ

プライバシー保護については、厚生労働省による[医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン]に則り運用されており、院内掲示等により患者様に明示、包括的な同意を得ています。

セキュリティについては、白浜はまゆう病院をセンターとして各診療所を接続、白浜町役場及び関連施設内には白浜はまゆう病院のシステムに関するネットワーク機器は設置せず、光ファイバーが通過するのみのイントラネットによるネットワークであるため、接続するコンピュータと利用者が限定され高いセキュリティが保たれております。

 

医療情報ネットワーク システム構成図

__20201210.jpg

このページのトップに戻る