受診のご案内
現在表示しているページ
ホーム > 受診のご案内 > リハビリテーションセンター
ここから本文です

南紀白浜温泉リハビリテーションセンター

      Nanki Shirahama Onsen Rehabilitation Center

理念

地域に根ざした質の高いリハビリテーションを提供します。

基本方針

1.理論に基づいたリハビリテーションを提供できるよう、知識・技術の向上を図ります。
2.誠実さと思いやりのある行動をとります。
3.他部門との連携、地域関係者との連携を密にし、利用者に充実した生活を送っていただけるよう支援します。
4.個々の状態、感染リスク、転倒リスクに注意し、安全にリハビリテーションを行えるように心掛けます。 

特徴

当リハビリテーションセンターは白浜はまゆう病院本館2階にあり、眼下に白良浜を望むすばらしい環境が整っています。
理学療法、作業療法、言語療法、その他の技術を駆使して、病気やけがで障害の残った方々の家庭復帰、社会復帰のお手伝いをしています。
また、在宅介護支援センター、訪問看護ステーションを併設し、在宅リハビリテーションにも積極的に取り組んでいます。
2007年4月には和歌山県から田辺・西牟婁の「地域リハビリテーションセンター」の指定を受けています。 

目的・効果

理学療法(PT)

PT.JPG 

立ち上がる、歩くなど
基本動作の練習を
積極的に実施しています。


作業療法(OT)

OT.JPG

上肢・手の動作練習、
日常生活動作練習などを
実施しています。

言語療法(ST)

ST.JPG
音声言語障害の治療や
練習・指導を行い、
機能の回復をめざします。

リハビリの実例

●脳卒中による片麻痺、失行、失語
(麻痺=力が入らない・失行=動作ができない・失語=言葉の理解や表現ができない)

  理学療法=関節の動きをよくする・筋力増強・ベッド上動作・起立・歩行・補助具
  作業療法= 手の機能・利き手交換・日常生活動作・心理支援・余暇活動・家屋改造
  言語療法=聞く、見る理解力の向上・代償的な意思伝達(絵・ジェスチャー)

●パーキンソン病によるすくみ足、ふるえ、小声、嚥下(飲み込み)障害

  理学療法=ストレッチング・すくみ現象への視覚聴覚刺激・歩容改善
  作業療法= 細かい動作・日常生活動作・ボール遊び・レクリエーション
  言語療法=発声訓練・飲み込みの練習

●骨折による運動制限、筋力低下、歩行障害
(大腿骨頚部骨折=足の付け根・橈骨遠位端骨折=手首の上方・上腕骨骨折=二の腕) 

  理学療法=ホットパック・関節の動きを良くする・筋力増強・荷重練習・歩行練習
  作業療法= 関節の動きをよくする・筋力増強・動作練習

このページのトップに戻る