医師・医療スタッフ募集
現在表示しているページ
ホーム > 医療関係者の方へ > 採用情報 > 看護師募集 > 各病棟紹介
ここから本文です

各病棟紹介

外来

外来では、患者様の療養・社会生活を支えるため、限られた時間の中でニーズに応じた対応ができるよう、多職種との連携を行い相談や支援を行っています。

在宅医療の推進と平均在院日数の短縮により、外来での専門治療や手術も件数が増え、看護師は専門知識や資格取得のため、自己研鑚に励んでおり、現在内視鏡技師・リウマチ専門看護師・フットケア・禁煙指導などの資格を有した看護師が勤務しています。

スタッフの声
  • 患者様との距離が近いと感じています。GairaiStaff.png
  • スタッフ間のチームワークが良く、関連部署との連携が取れています。
  • 勤務希望はほとんど聞いてもらえるので、子供の行事や旅行、親の介護も仕事と両立して働けます。
  • いろいろな処置が外来で行われることが多く、経験ができます。(リウマチバイオ治療・内視鏡・救急処置等々)

手術室

ward2_pic.jpg

手術室は「怖い場所ではなく、未来へ向かって希望を叶える場所」と位置付けてもらえるよう、患者・家族の安心・安楽を第一に看護にあたっています。
当手術室は、整形外科手術が多く特に人工関節置換手術が多いため専門性が求められ、全員が質の高い看護が提供できるよう教育指導を行っています。

スタッフの声

ward2_staff.jpg

手術診療科目が、整形外科・外科・泌尿器科と限られているため、知識と技術が求められます。
交代で夜間や休日の待機はありますが、土日・祝祭日は休みです。
手術室経験の長いスタッフもおり、不安な事など聞きやすく頼りになります。
医師との距離も近く、和気あいあいと仕事ができます。

 

地域包括ケア病棟 本館3階

okamura.jpg本館3階病棟は、地域包括ケア病棟で病床数は32床です。

主に退院支援を行っている病棟です。入院治療後、急性期の治療が終了し病状が安定したが、直ぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者さまに対して、リハビリテーションや退院支援などを行う在宅復帰へ向けた病棟で最長60日以内での退院となります。

病棟スタッフは、看護師14名、介護福祉士3名、看護補助2名、病棟専任の理学療法士、作業療法士が4名、退院支援看護師1名がいます。患者様が安心して在宅復帰して頂けるように、身体的・精神的なケアに努めています。また、患者様・ご家族様の意向にそった退院支援が出来るよう他施設とも連携し、退院調整を行っています。

 

スタッフの声

療養環境は広々としています。特殊浴室には、エレベーターバスとシャワーミスト浴の2種類のお風呂があります。脱衣場はベットごと入る事が出来るので、患者さまの負担を最小限にし、安心、安全に入浴できる環境が整っています。

勤務希望をきいてくれるので、それぞれのライフスタイルに合わせて休むことができ、院外研修にも参加でき、学習する機会、時間があり自己研鑚できる環境です。

自宅に帰られる患者様がほとんどで、退院時はエレベーター前までスタッフみんなでお見送りをした時に患者様の笑顔が見れた時にとても嬉しく思います。

 

一般病棟 本館4階

ueoka.jpg本館4階病棟は、一般病棟(内科・整形外科)の混合病棟で、病床数は42床です。

入院患者様の高齢化に伴い、大腿骨頚部骨折や誤嚥性肺炎を繰り返す患者様が多く、多職種と連携を図り、安全に入院生活を過ごして頂けるように努めています。

入院時から退院を見据えた退院支援・退院調整を行い、早期から在宅復帰、施設入所など、ご家族の意向をお聴きして不安なく帰れるように努力しています。また、病院での看取りを希望される方には、、最期の時間を患者様、御家族の希望にできるだけ添えるように努めています。

ワークライフバランスの推進病院でもあり、病棟でも働きやすい・学びやすい職場づくりを目指しています。またスタッフ間の協力体制や共に働くメンバーのことを思いやる優しさと気配りができるように心がけています。

 

スタッフの声

チームナーシング+機能別を組み入れ、看護師、介護福祉士、補助者が一緒に看護・介護にあたっています。

常勤看護師の平均年齢は31歳で、男性看護師も6名います。スタッフ間のコミュニケーションも良好で明るく元気な病棟です。

実習時に優しく丁寧に指導してもらい、指導者さんのような看護師になりたいと本館4階病棟を希望し就職しました。

退院時は、必ずスタッフがエレベーター前まで見送らせて頂いています。また、看取りの患者様のご家族様より「ここで看てもらえてよかった。」と言ってくださる中でやりがいを感じながら仕事をしています。

 

内科・外科・泌尿器科病棟 本館5階

yoshimoto.jpg本館5階病棟は、一般病棟(消化器外科・乳腺外科・泌尿器科・内科)の混合病棟で、病床数は40床です。

消化器外科は腹腔鏡手術による胆石・胃癌・大腸癌手術が多く、最近では鼠径ヘルニアの手術も行うようになりました。泌尿器科は前立腺癌・膀胱癌・結石の手術が主で、乳腺外科では乳癌に対し乳房切除・センチネルリンパ節生検・化学療法を行っています。手術に対しては殆どがクリニカルパスを導入し、必要なケア・指導も行っています。

内科は消化器・呼吸器・循環器と全般にわたり、内視鏡手術や化学療法も行われています。入退院も多く、いろんな科の疾患の患者様も多い病棟ですが、患者様に寄り添い、一日でも早い回復を願いながら患者様とご家族の支えになれるよう、スタッフ一同頑張っています。

 

スタッフの声

緊急入院や、緊急手術・急性期患者様の多い病棟で、毎日忙しいですが、病棟のスタッフが協力し合い、忙しい中でもやりがいを感じながら業務を行っています。

若いスタッフが多いですが、病棟の雰囲気が良く、分からない事は先輩スタッフに聞きやすく、日々学ぶことが出来ています。

医師や、セラピスト・薬剤師・栄養士など他職種と連携しながら、患者様1人1人の個別性に応じた看護を提供できるよう、頑張っています。

本館5階 竹本ちなつ・吉田知世

医療療養病棟 南館3階

南館3階病棟は、医療療養病棟で病床数48床です。

在宅用呼吸器管理・酸素吸入・中心静脈栄養管理・吸引・終末期の疼痛コントロールなどの医療処置が必要なため長期療養される患者様へのケアおよび自宅や施設に退院される患者様の退院調整や家族指導を行っています。患者様とご家族に親切で誠実であることと働きやすい職場環境づくりをモットーに、看護師と看護補助者が協働して患者様の状態に応じたケアの提供に努めています。良いケアを提供するためにスタッフが明るく元気に働き続けられるように、スタッフの健康管理や勤務形態の希望に対応しています。また、安全で安心できる看護と介護の提供ができる人材育成をめざし、院内外の研修参加支援をしています。

 

スタッフの声

・院内保育所があり、その時の状況に応じて勤務を配慮してもらえるので子育てしながら働き続けられます。

・病棟だけでなく病院全体が支援してくれるので働きながらスキルアップができます。

・ここのスタッフは親切で優しい、よくやってくれる、ここでみてもらえてよかったという患者様御家族の声が励みになります。

介護医療院 南館4階

当医療院は、病院と併設である利点を活かした地域に貢献できる規模の大きな介護医療院です。

現在50名の利用者様の日常生活のお世話をさせていただいております。
その人らしさを大切にしたケアをするために、カンファレンスではいつも「この利用者様の思いに寄り添い、視点に立って」という思いで話合いをしています。
そして、情報の共有を大切にスタッフ一同一丸となって頑張っています。
 介護医療院は明るい雰囲気で、なんでも話し合ってアイディアを出し合いながら仕事できる環境にあります。
 スタッフ同士がお互いの個性を認め合い、チームワーク良く働ける職場です。窓からは白浜のきれいな海が見え、沈む夕陽が四季折々とてもすばらしく、利用者様との会話も弾みます。私たちの病棟で一緒に働いてみませんか?

 

スタッフの声 

個性を認め合いながら、みんな仲良くがんばっています。
介護医療院は、看護職としての経験を活かしていける病棟です。
看護補助ですが、介護福祉士を目指しています。仕事はやりがいがあります。
長期のおつき合いになるので接し方を考えて仕事しています。

回復期リハビリテーション病棟 南館5階

南館5階病棟は、回復期リハビリテーション病棟で、病床数は48床です。

脳血管疾患や大腿骨骨折などで後遺症や体の機能の衰えにより、医学的・社会的・心理的にまだサポートが必要な患者様に対して、社会・在宅復帰を目指すためにリハビリテーションを行う病棟です。

 当病棟では、患者様の社会・在宅復帰に向けて、医師、看護師、セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)、管理栄養士、介護福祉士、社会福祉士などの多職種の専門スタッフがチーム一丸となり、365日休みなくリハビリテーションが行える体制を整えています。

 

スタッフの声

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患や整形外科疾患の患者様を対象に援助させてもらっています。ADLの向上や在宅復帰を目指して、日々患者様と関わらせてもらっています。点滴など医療的な処置やケアは少ないですが、セラピストと患者さんについて情報を共有することで、リハビリについての知識や技術は身に付きます。患者様が自分で行える動作が増えていく姿を見ることが、すごく励みなります。スタッフは話しやすく親切に指導してくれています。とても、やりがいがある職場だと感じています。

 

内視鏡センター

内視鏡センターでは、年間約3000件の内視鏡検査をしています。

患者様に安全で不安なく安楽に検査を受けていただくため、検査の介助や説明について常に工夫しています。

職員には、ここで学べる看護や基本的な知識・技術を日々の業務の中から習得し、他の部署でもそれらを生かし活躍できる看護師さんになってほしいと思っています。

働きやすい職場環境と生活環境、また気持ちをリフレッシュできる職場環境を整えます。またみんなが楽しく働けるように笑顔でいることを心がけています。

スタッフの声

NaishikyouStaff.png

日々心がけていることは患者様が安全で、不安なく検査を受けていただくことです。
あいさつや、ねぎらいの言葉かけを忘れないようにし、笑顔で対応します。
検査前の説明、検査中の声掛けや介助を行うことで 少しでも緊張を和らげ安心して検査や治療を受けていただけるように努めたいと思っています。
次もこの病院で検査を受けたいと思っていただけるように、医師と協力し頑張っています。

栄養サポートチーム(NST:Nutrition support team)

栄養治療において、病態と栄養の強い関連性が急速に明確になりつつあり、専門領域の情報と理解に基づいての実施が期待されるなか、当院では2010年7月より、個々の症例に対する栄養管理の強化を目指し、栄養管理に係る研修を終了した医師 ・ 看護師 ・    薬剤師 ・ 管理栄養士の4職種構成のチームを中心に、関連スタッフとの連携 及び 褥瘡対策、感染対策、緩和ケアなどを専門とするチーム医療とのコラボレーション 及び 地域連携など強化のもと、組織横断的なチーム医療での栄養サポートの実現に繋なげています。

各職種がもつ専門的な知識・技術を栄養療法に取り入れ、患者様と一緒に考え目指した効果を、喜びとし実感できるよう努めています。

チームメンバーの声

栄養補給法が生体機能保持に重要な役割を担っていることを意識して栄養問題を模索し、医師の栄養治療方針に基づき他職腫が、(薬剤や栄養管理・摂食嚥下や身体機能のリハビリテーション・もっとも身近で継続してかかわれる看護師の役割etc.) それぞれの特色を生かしアプローチしていけるよう知識を深め、連携により視野を広げています。

カンファレンスでの意見交換や指摘内容などは、関西ならではのノリ・ツッコミを織り込み緩和しつつ、"理解しやすく 自由に発言しやすい"雰囲気を保ちながら、planの修正やアプローチに挑んでいます。

勉強会では、全職員参加型で栄養療法の基礎・エビデンスに基づいた技術の習得・業務改善・リハビリ栄養・各職種の役割理解などをテーマに講演、体験学習、デモンストレーション、試飲・試食、または製品の評価・検討などを行っています。

このページのトップに戻る